【膝痛】サンダルに潜む危険性と知らなきゃ損する対処法について

サンダル膝痛が・・・』そんな声をよく聞きます。

8ed8dc0f171882487b22cee6399be6a6 s 500x334 - 【膝痛】サンダルに潜む危険性と知らなきゃ損する対処法について

サンダルは確かに楽ですし、オシャレには欠かせないアイテムの1つです。
しかし足や膝との相性はどうかといわれると、ちょっと不安な面があるのも事実

そこでここでは、以下の3点についてまとめてみました。

  • サンダルと膝痛の関係について
  • 膝への負担が少ないサンダルとは?チェックポイントまとめ
  • サンダルを履いた後の足のケア
サンダルで膝を痛めない為に、よければ参考にしてください。

サンダルを履いて膝が痛くなるのはなぜ?まずは欠点を把握しておく

上でも書かせていただいたように、サンダルは楽な反面、足への負担が大きい事も事実。
まずは、サンダルが足にもたらす危険性を把握しておきましょう。

※サンダルの欠点を知り、しっかり足のケアをしていけば”NG”というわけではありません。

そもそもサンダルの構造が足に良くない

サンダルにもいろいろな種類がありますが、ほとんどのタイプが足との相性があまり良くありません。

具体的には・・・

  • かかとにバンドがないタイプのものは、足の指に無駄な力が入る
  • 左右からのサポートが不十分で、足の構造が崩れやすい
  • サンダルと足の間でズレが生じやすく力を伝えられない分、余分な力が必要
  • 底がフラットで固いものも多く、歩く際の足の動きを邪魔する

このような問題が生じやすいため、歩けば歩くほど疲労がたまり、足の構造が崩れていきます。

体重が重たい方の場合は、より足の構造が崩れやすいといえます。

また足には土踏まずがあり、衝撃を吸収したり地面をけるバネとして機能しているのですが、足の構造が崩れ偏平足や外反母趾になった場合は、衝撃吸収・バネという役割を果たせなくなってしまいます。

足での衝撃吸収ができなくなると、今度はその上の関節である膝に衝撃が届くようになるため、膝を痛めるリスクも高まるということです

足は立って動いているときに唯一地面と接する場所。その部分の影響は大きく、膝以外にも股関節の痛みや腰痛の原因になったりすることもあります。

つま先に力が入ることで膝への負担が増える

サンダルは靴と違って足首がフリーになっていることが多いです。
その為かかとにバンドがついていない場合、脱げないように足の指に力が入ります。

立っているときは、つま先が体の先端の部分。
歩行時につま先に力が入ると、前進運動を邪魔することになり、膝にも負担がかかるようになります。

また、つま先を踏ん張る筋肉はふくらはぎにあり、膝裏まで続いています。筋肉の緊張が高まれば、膝裏の痛みとして現れることもあります

歩いているときにつま先に力が入ると、膝が過度に伸ばされるような動きが要求され、膝裏に痛みを生じることがあります。
 
膝裏の痛みについての詳細は、こちらでまとめています。

【変形性膝関節症の膝裏の痛み】本気で治したい方へ

もともと足関節が固い方は要注意

また、つま先を上にあげる動きが固い方の場合、底のフラットなサンダルを履くとかかとの骨が内側に倒れる”回内足(かいないそく)”という変形が起きやすくなります。

回内足になると足関節への負担はもちろん、膝関節を構成する脛骨(けいこつ)という骨に傾きが生じ、膝の負担へとつながります。


こう見ると、膝の相性は最悪です・・・。

しかしサンダルはとにかくサッと履けて楽ですし、夏場のオシャレには欠かせないアイテム。

上手に付き合っていくためのコツとして、以下の2つについてまとめさせていただきました。

  • 膝に負担がかかりにくいサンダル選びについて
  • サンダルを履いた後に行っておきたい足のケア

膝を痛めない為のサンダル選びについて

人間は裸足に近い状態が一番効率よく動くことができるといわれていて、その理由は、”足の裏のセンサーのおかげで、自然と身体に合った歩き方になる為”です。
なので、なるべく裸足に近いサンダルを選ぶことが大切ということになります。

歩く時に求められる足の役割は主に3つ。

着地の際、かかとで衝撃を吸収する
足裏が全体についてからは足関節が支点になり、体を前に運ぶ
蹴り出すときには指の付け根の関節が支点になり、体を前に運ぶ

サンダルを選ぶ場合は、この3つが邪魔されないものを選ぶようにします。

例を挙げると・・・

  • 底が薄いもの
  • かかとの衝撃を吸収するために、適度なクッション性があるもの
  • 足の形に併せて変形してくれるもの
  • かかとがにバンドがあり、意識しなくても脱げないもの
  • 着地でサンダルと足のズレが生じないよう、しっかりとホールドされているもの

全てに当てはまるものを選ぶのは難しいかと思いますので、1つでも多くの項目に当てはまるものを選ぶようにすることをお勧めします。

【反対に避けたいサンダルとは?】

・靴底が厚い
・かかとが高い
・固く、足の動きに合わせて形を変えられない
このようなタイプのサンダルは、避けた方が賢明です。

サンダルを履いた後の足・膝のケアが大切

サンダルを履いた後は、少なからず足にも疲れが蓄積しています。

ストレッチやマッサージを取り入れ、その日の疲れをその日のうちに取っておくようにすることが大切です

「知らず知らずのうちに偏平足に変形してしまっていた・・・」
このように膝の痛みが足の変形から来ていた場合、少し休んだくらいでは痛みが取れなくなってしまいますので。

足のストレッチとマッサージ

基本的なストレッチとマッサージで良いので、少しやっておくだけでもだいぶ違います。

足のストレッチ

【アキレス腱のストレッチ】

601431 300x320 - 【膝痛】サンダルに潜む危険性と知らなきゃ損する対処法について

このようなアキレス腱伸ばしを30秒を目安に行っていきます。

【スネの筋肉のストレッチ】

142659 300x300 - 【膝痛】サンダルに潜む危険性と知らなきゃ損する対処法について

正座ができる方はこの姿勢になり、スネの筋肉のストレッチをしていきます。
無理のない範囲で30秒を目安に伸ばして行きましょう。

【膝の痛み】正座ができない…不安になる前に試して欲しい事

【足首と指をしっかり動かしておく】

663006 300x400 - 【膝痛】サンダルに潜む危険性と知らなきゃ損する対処法について

このように、足首をクルクル動かしておきましょう。

また足の指も1本1本引っ張るなどして、動かしておきましょう。

足のマッサージ

サンダルを履いているときは、足の指を握る筋肉に力がが入るため、こわばっていることが多いです。

指の運動に関わる筋肉は”ふくらはぎの奥”にあるため、そこをマッサージしていきます。

①椅子に深く座り、片足を胸に近づけるように曲げ椅子に乗せます

②持ち上げた足のふくらはぎを、両手の親指を使ってマッサージしていきます

③痛気持ち良いくらいの強さで5秒ほど抑えます

④膝の裏辺りから下がっていき、アキレス腱まで来たら反対の足と入れ替えます

大切なのは、疲労を蓄積しないこと。

お風呂でマッサージ → 入浴後にストレッチ

この流れが、疲れを取るにはお勧めです。

まとめ:膝痛とサンダルについて

膝の事を考えれば、サンダルはあまりお勧めできません。
しかし便利さやオシャレの観点から言えば、否定してしまうのはもったいなくもあります。

大切なのは、サンダルを履く際、少しでもいいので自分の足のことを頭の片隅に入れておくこと

そうすれば・・・

  • なるべく膝への負担が少なくて、オシャレなサンダルを選ぶ
  • 今日は頑張って歩いたから、その分ケアしておく

そんな行動を自然ととれるよになるはずです。

お気に入りのサンダルと上手に付き合っていくために、共感できた部分だけでも取り入れてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】よければ下記の記事も参考にしてください。

【膝の痛み】ヒールがつらい…履き続けたい方は必読です!
【膝の痛み】階段を降りるときがつらい!対処法のすべて 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする