長引く膝の痛み:その意外すぎる原因とは?【理学療法士の徒然】

長引く膝の痛みに悩まれている方はいらっしゃいませんか?

60dc9ff37530db29364c4862bf316208 s 500x375 - 長引く膝の痛み:その意外すぎる原因とは?【理学療法士の徒然】

「最初はすぐに治ると思っていたのに、いつまでたっても良くならない。むしろ悪化している。」

そんな慢性的な膝の痛みを抱えている方に向け、ここでは長引く膝の痛みの原因から、ご自身でできる対処方法までをまとめさせていただきました。

※対処法に関しては、各リンク先でまとめています(詳細は下記)。

原因不明の膝の痛みに悩まれている方は、よければ参考にしてください。

膝の痛みが長引く理由は?原因が膝以外にあることが圧倒的に多い・・・

膝を揉んでも伸ばしても痛みが引かない場合、原因が膝以外にある可能性が高いです。

膝は安定性とは程遠い関節で、他の関節の固さや姿勢不良によるストレスによってさまざまな影響を受けてしまいます。

※膝の痛みの原因に、少し踏み込んでみましょう。

患者さんによくみられる例①:股関節の固さが膝の痛みと関係しているケース

膝に痛みを抱えて来院される方の中には、股関節が固さが膝の痛みと関係しているようなケースが多く見られます。

体の重心はおへその奥辺りにあるといわれていて、股関節はその重心移動に関わる大切な関節です。

柔軟性がしっかり確保され、重心のコントロールが上手に行えていれば良いですが、固さがあり重心の位置がいつも一定になってしまうと、膝が体重を支える場所も一緒の場所になってしまいます

その結果一か所の軟骨がすり減り、痛みへとつながってしまいます

患者さんによくみられる例②:足首が固さが膝の痛みと関係しているケース

足首が固い場合も、膝の痛みと関連している場合があります。

足首はクルクルを回すことができますよね?

実は、この”あらゆる方向に動かすことができる”ということがポイントなんです。

歩行などの足首を支点とする動きでは、足首が柔軟であればあるほど、いろいろな方向にスムーズに移動することができます。

※想像してみてください・・・

スキーブーツを履いて足首を固めてしまうと、スムーズに歩けませんよね?

そこまで極端ではないにしろ、足首の固さはすぐ隣にある膝関節への負担につながります。

患者さんによくみられる例③:上半身が固く、肩こりから膝に痛みが来ているケース

147723 300x300 - 長引く膝の痛み:その意外すぎる原因とは?【理学療法士の徒然】

肩こりが膝の痛みと関係しているケースも非常に多く見られます。

上半身は体の中でも重たい場所。その部分がこわばって一か所で固まってしまうと、体重がかかる場所も一定になってしまいます

また肩こりに悩まれている方は猫背気味であることが多く、この場合、上半身の重さが膝にグッとのしかかるようになります。

※少し試してみて欲しいことが・・・

立っていただいて、そのまま背中を丸め自分の足をのぞき込んでみてください。
小指側に体重が移動し、膝はO脚方向に開くような感じがしませんか?

背中が丸くなると、膝に体重が覆いかぶさり、O脚方向に膝を変形させる力も加わるようになります

一見無関係と思える膝と肩にも、深いつながりがあるんです。


このように、膝の痛みの原因が他の場所にあるということは非常に多く見られます。

膝はその不安定さゆえに、他の関節の固さや不良姿勢の影響を真っ先に受けやすい関節です。

  • 他の関節が固ければ、膝にその分の動きが要求される
  • 姿勢が悪ければ膝の筋肉には余計な負担が加わる

だからこそ、自分で原因を見つけることはとても難しいですし、専門家であってもお話を聞いたり、体を診させていただく中でしかい気付けないことが多いんです。

膝の痛みと他の部分との関係性については、こちらで詳しくまとめさせていただいています。対処法も紹介させていただいているので、ハッと思ったものがあれば、実践してみてください。

膝・足首・股関節の痛みには関係が!?これ知らないと危険かも…
膝・肩の痛みには関係が?知らないとちょっとマズい事…

長引く膝の痛みはもやもや血管?最近のトピックス

長引く膝の痛みの原因として、最近”もやもや血管”というものが話題になっています。

奥野クリニック院長である奥野祐次先生は、長引く膝の痛みの原因の1つとして、もやもや血管を挙げておられます。

もやもや血管とは、病的に新たに作られたもので、輪郭がはっきりしないモヤモヤした血管のことです。

血管が作られるとその隣には対になるように神経が形成され、その血管に加わる刺激を神経が感知することで痛みを感じるようになります。

神経線維は大きく2種類に分けられ・・・

  • 脳への伝達が早い神経で、ズキっとした鋭い痛みを感じる
  • 伝達が遅い神経で、ジンジン・ジクジクという鈍い痛みを感じる

もやもや血管による痛みに関係しているのは、後者の鈍痛を生む神経になります。

また奥野祐次先生は、もやもや血管による痛みがどうかを疑う指標として、

  • なかなか治らない
  • ずきずき・ちくちく・ジンジンとした痛みがある
  • 痛点といわれる押すと痛む場所がる
  • 安静時にも痛む
  • 朝に痛む
  • 動き出しに痛む
  • OA・半月板といわれていて、なかなか症状が治まらない

これらの項目の内、2つ以上が当てはまる事”としています。

2つ以上というと、ほとんどすべての人に当てはまりそうですね。

解説動画が紹介されていたので、よければ参考にしてください↓↓↓

まとめ:長引く膝の痛みについて

膝を直接怪我した場合などを除いて、痛みの原因が膝にあるということはほとんどありません。

痛みがなかなか引かないという方は、足首や股関節、上半身のストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?

詳細な方法はこちらでまとめています。

膝・足首・股関節の痛みには関係が!?これ知らないと危険かも…
膝・肩の痛みには関係が?知らないとちょっとマズい事… 

また、いつまでたっても鈍痛があったり、安静時にも痛みを感じるようであれば、奥野先生のもやもや血管血を疑ってみるのも1つかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「古傷が痛む!」という方はこちらも参考にしてみてください。

【膝の痛み】古傷がつらい…できることはこんなにあります! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする